ヴァイオリニスト 相川麻里子のオフィシャルサイト

相川麻里子のプロフィール

相川麻里子のプロフィール

画像の説明

3歳よりヴァイオリンを始める。全日本学生音楽コンクール小学生の部第1位。第4回ヴィニアフスキー国際コンクールジュニアの部第5位。第62回日本音楽コンクール第3位。東京藝術大学附属高校を経て東京藝術大学を卒業。

芸大在学中、パリ国立高等音楽院に首席入学。フランス政府給費留学生として留学。留学中にはOrchestre International de Parisとベートーヴェンの協奏曲を協演。またジェラール・プーレ氏との共演など多数演奏会に出演。1996年、イヴリー・ギトリス氏の勧めによりパリにて初のリサイタルを開催、好評を博す。室内楽や新曲演奏にも積極的に取り組み、'97年ガロワ=モンブランのANDANTEを世界初演。同年、同音楽院を満場一致の1位を得て卒業。

1998年の帰国デビューリサイタル以降は、ソリストとして東京フィル、ニューフィル千葉などのオーケストラとの共演のほか、室内楽や様々なジャンルに渡り演奏活動を展開している。邦人作曲家の新曲演奏にも力を入れていて、現代音楽の録音にも多数参加している。

2001年にはギターの高田元太郎、バンドネオンの啼鵬と共に“Triangulo”を結成。古典タンゴからピアソラ、またタンゴ以外のジャンルにもレパートリーを持ちコンサート活動を展開。2009年にはアルバム「TRINIDAD」を発表。また、ピアニストの加古隆とクァルテットを結成。2010年にデビューアルバム「クァルテット」がエイベックス・クラシックより発売される。
2007年からlive image ツアーにおいて、イマージュ・オーケストラのコンサートマスターを務めている。

これまでに海野義雄、大谷康子、山口裕之、ジェラール・プーレ、田中千香士の各氏に師事。

powered by HAIK 7.0.2
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. HAIK

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional