ブルッフのリハーサル中

画像の説明東京は暖かい日が続いていて、桜の開花宣言も出ました。花粉症もだいぶ治ってきて、いよいよ春がやってきそうでウキウキします。来週は四谷の紀尾井ホールにて千代田区のオーケストラとブルッフの協奏曲を弾きます。指揮はN響のオーボエ奏者、和久井仁さん。指揮はとてもわかりやすく、音楽も自然な流れを失わないように指揮されるので、弾いていて楽しいです。何より熱意を持って指導されているのでオケの方々も楽しいのではないでしょうか。何より現役の、しかもN響の奏者のお話は刺激もあって、得るものが大きいと思います。
本番は3月31日(日)。四谷駅からホールまで続くの土手の桜並木は、ちょうど満開を迎える頃ではないかと、そちらも楽しみです。チケットはもうわずかしか無いそうですが、是非ホールに当日券情報をお問い合わせになり、お散歩がてらお出かけください!

コメント


認証コード0523

コメントは管理者の承認後に表示されます。